天理教は神葬祭

葬儀通夜のマナーと香典の相場

天理教の葬儀は、神葬祭の形式をとっています。しかしあまり厳密ではなく、天理教の信者であっても、墓地などの関係で、他宗教の形式で葬儀をするケースも多くあります。

基本的に個人の自由に任せている、というのが実情のようです。

天理教の死生観

天理教にも死後観、霊魂観が存在し、人間の身体は神様からの借物であり、死ぬと身体は神様に返すものと考えられます。

天理教の葬儀は、悲しみのうちに霊を親神の下に移し、残った身体を葬る儀式であると同時に、近い将来再び新しい身体を借りて、この世に生まれてくることを願うもの、と見ることができます。

天理教の次第

奏上する「詞」には天理教の教えが現れていますが、儀礼の次第は神葬祭の次第と極めて似ています。地方により異なる部分がありますので、実際には執り行う場合は、管轄の天理教会に確認する必要があります。

おおまかな式の次第は次のようになっています。

1.みたまうつし・・・これは神葬祭の「遷霊祭」に相応するものです
2.発葬儀・・・これは出棺の儀礼です。
3.葬場儀・・・「葬場祭の儀」に相応します。つまり告別式です。

4.火葬・葬後祓・・・これは出棺後、祓師(斎員)は各室を祓い清めて、葬後霊祭の準備をします。そして葬場から帰ってくる会葬者を門前で祓います。

5.葬後霊祭・・・「帰家祭」に相応します。
追悼の儀礼は「霊祭式」と言い、合祀祭、一年祭、五年祭、十年祭となっています。

天理教の香典の表書き

天理教の葬儀に出す香典の表書きには「御玉串料」と記します。現代では「御霊前」としてもかまわないようです。
また香典返しの「のし」には「偲草」と記します。