◆キリスト教式の葬儀の手順

葬儀通夜のマナーと香典の相場

キリスト教式の葬儀では、前夜式と葬式が行われます。
前夜祭では、仏式や神式と同様に受付で香典(弔慰金)を渡し記帳します。

その後、聖歌(賛美歌)の合唱があり、聖書の朗読、祈りの後、献花が行われます。キリスト教式では仏式の香典にあたるものを弔慰金とよぶこともあります。

葬式では受付で香典を差し出し記帳します。前夜式で、すでにお供えしている場合には記帳だけをします。

式次第や聖歌(賛美歌)は印刷物で用意されているのが一般的です。その後献花をして哀悼の意を表します。

献花はまず、遺族に向かい一礼し、花が右を向くように受取ります。そして胸の前で花が手前になるように回します。その後遺影に向かって一礼し、両手で捧げます。最後に後ろにさがり一礼をして終わります。

◆香典の表書きは宗派によって異なる

香典は宗派によって表書きが変わります。

・カトリックの場合には「御ミサ料」とし、白無地の封筒に包み水引はかけません。
・ロテスタントでは「お花料」「献花料」と表書きをします。

白無地の封筒、または、白百合や十字架の絵が印刷された市販の封筒に包み、水引はかけません。

◆キリスト教での香典のしきたり

香典を持参するときは弔事用のふくさに包みます。包む金額は、故人との関係や弔問する側の立場によって違います。

また、キリスト教式では香典返しのしきたりがありません。これは香典そのものが日本独特の習慣で、他国にはみられない習慣だからです。

しかし、キリスト教式では死後1ヶ月後の昇天記念日には、挨拶状とともに故人を偲ぶような品物を贈るのが一般的になっています。