会社関係の香典相場

葬儀通夜のマナーと香典の相場

勤務先の上司、部下、同僚、またはその家族が亡くなった場合に、香典を包みます。包む金額の相場は、出す側の年齢や故人とのの関係、親しさによって変わります。

会社の部下の葬式に出す香典の場合は、五千円から一万円が相場です。
出す側が50歳代以上、または部長級以上の場合は、一万円程度包んだ方がよいでしょう。
連名で出す場合には、少し多い金額を出すとよいでしょう。

会社の同僚の葬式に出す香典の相場は、三千円から一万円程度です。
それほど面識のない同僚なら、五千円でよいでしょう。

また連名で出す場合には決められた金額でよいでしょう。
会社の上司に出す香典の金額の相場は五千円から一万円程度です。
特別にお世話になった上司には一万円包むとよいでしょう。

代理で葬儀に参列の場合

会社の代表者、または代表者代理として葬儀に参列する場合、受付で会葬者芳名帳の記帳の際は、社名と会社住所を記します。
上司の代理ならば上司の部署名、役職名、氏名、次行に『代理』と記し、その下に自分の役職名、氏名を書きます。

夫の代理の場合には、夫の氏名の左下に小さく『内』と書きます。

香典袋の名称の書き方

香典袋の表書きには「○○会一同」「株式会社○○部一同」のように、全体を表す名称だけを書きます。
別紙に全員の名前と、場合によっては個別の金額を書いて中袋に入れます。

個別で出す場合で、故人と仕事上だけのお付き合いで、ご遺族と面識がない場合は、ご遺族に故人との関係が分かりやすいように、名前の右側に会社名を入れるとよいでしょう。下部に名刺を貼ることもできます。