◆香典の額は故人との関係で変わってくる

葬儀通夜のマナーと香典の相場

香典は故人を弔う気持ちが大切であり、金額はその次なのですが、葬儀に参加する際に、香典の額はやはり気になるものです。
近年の金額の相場は次のようになっています。

あくまでも一応の目安とお考え下さい。

親戚・両親・兄弟の香典相場

▼祖父母の葬式に出す香典の場合、一万円から三万円が相場ですが、香典を出す側の年齢が高ければ、年齢に応じて三万円から五万円が適当でしょう。

▼両親の葬式に出す香典の金額の相場は、五万円から十万円です。
子として最低でも五万円以上は包みたいものです。

▼兄弟の場合には三万円から五万円程度です。十万円でも構いません。
他人ではなく。身内なので三万円以上包んだ方がよいでしょう。

▼親戚の葬式に出す香典の場合、一万円から三万円が一般的です。

親戚を大切にする日本社会においては、生前それほどお付き合いのなかった親戚のでも、一万円以上は包んだ方がよいでしょう。

会社関係の香典相場

▼会社の部下の葬式に出す香典の場合は五千円から一万円が相場です。

香典を出す側の年齢や役職によって変わりますが、50歳代以上、または部長級以上の場合は、一万円程度包んだ方がよいでしょう。連名で出す場合には少し多い金額を出すとよいでしょう。

▼会社の同僚の場合は、三千円から一万円程度です。

それほど面識のない同僚ならば五千円でよいでしょう。
また連名で出す場合には決められた金額でよいでしょう。

▼会社の上司の場合は五千円から一万円程度です。

特別にお世話になった上司には一万円包むとよいでしょう。

友人香典相場

▼友人の場合、五千円から一万円程度です。

しかし、年齢や関係、親密度によって金額を決めるもので、相場はないようなものです。とくに親しい友人である場合は三万円以上出しても構いません。

以上は一応の目安(相場)ですので、個人との関係の強弱によって、考慮なさるとよろしいでしょう。