地域によって違う香典相場

葬儀通夜のマナーと香典の相場

香典は昔から地域によって違いがあります。
たとえば、親が死亡の場合、東京や北関東、中部地方は十万円を包みますが、北海道・東北は五万円、また近畿や中国地方では七万円が相場です。

ところが、祖父母死亡の場合、中国地方は六万円包みます。親と祖父母へ出す香典はほぼ同額になっているのです。
一方東京では、祖父母死亡の場合だとニ万円包み、親の五分の一の金額です。

また、近所つき合いという観点からすると、一番多い金額を包むのが、

・北関東の七千円。
・次いで近畿地方の六千円、
・東京、南関東地方の五千円と続いています。
・一番金額が少ないのは北海道の三千円です。

仕事の取引先関係の香典では、四国地方の一万五千円が最高金額になっています。ただし、同僚や上司、部下など、勤務先関係の香典になると七千円と半額に下がります。

反対に南関東では、勤務先の香典は一万五千円で、取引先は七千円包みます。
仕事関係の香典で一万円を上回るのは南関東だけで、あとの地方は一万円未満が実情です。

目立つのは東京の友人とその家族への香典、九千円です。他の地方と二千円以上の開きがあります。
友情に薄いなどといわれる東京地方の人が、意外にも一番友情に厚いのかもしれません。

◆香典辞退か増えている
関西を中心に、一般の参列者からの香典を辞退する方が増えています。 四十九日忌明け後の香典返しの負担を敬遠しているからでしょうか。

しかし、香典を辞退している場合でも、親族からの香典は受けとることが多いようです。 その場合は、受付で渡すのではなく、喪主に直接手渡しするとよいでしょう。