香典の当日返し

◆香典の当日返しの利点

葬儀通夜のマナーと香典の相場

従来、香典返しは忌明け後に、香典を頂いた方にお礼として、渡していたものです。しかし、日をおいて香典返しをすることは、香典帳の整理や住所の確認などの手間が大変かかるのです。

そこで、葬儀当日に、お礼の気持ちを込めて、直接香典返しを渡すのが「当日返し」です。
「当日返し」は感謝を込めて、直接手から手に渡るものなので、本来の香典返しの持つ意味を正しく認識した風習といえます。

また「当日返し」には、香典返しを送付する際に、添える礼状や挨拶状の準備が不要になり、送料もかからないため、経済的にも負担が減ることになります。

会葬後に一人ずつ直接渡すため、住所の間違いによる返し漏れや、香典帳への記入漏れが無く、確実ににお返しすることができるのです。

◆香典の当日返しの品物

「当日返し」では香典金額にあわせて、香典返しの品物を選ぶのではなく、すべての方に同じ品物を渡します。

一般的には二千五百円から三千円の品物を当日に返し、親戚など香典を多くいただいた方や、お見舞いをいただいた方には、従来どおり忌明け後に改めてお返しします。

その場合、一般的に香典返しは、半返しとされていますが、会葬時に既に返礼品をお渡ししているので、少し控えめにして品物を選ぶとよいでしょう。

香典返しの品物は、以前はあとに残らないお茶、海苔、お茶、砂糖、干物、タオルといった消耗品を選ぶ慣わしがありましたが、最近では商品券、文房具などの実用品も増えています。

「当日返し」は喪家にとっても利点が多くあり、近年増える傾向にあります。