葬儀の連絡は

葬儀通夜のマナーと香典の相場

葬儀の詳細が決まったら連絡を行いましょう。近所の人への連絡は、自治会長などを通して行います。

家族葬で香典を辞退する場合にも、自治会長に「故人の遺志で家族葬にて葬儀を執り行い、ご会葬、ご香典等はご辞退申し上げます」と必ず回覧してもらうようにします。

そうしなければ、後日、自宅に香典をもって線香を上げに見えることになり、一人ずつに対応しなければならなくなります。

故人の友人知人への連絡は、最も親しかった友人に、一括して連絡を依頼するのがいいでしょう。遺族の方が把握していない友人関係もあるでしょう。

故人の職場への連絡は、職場の仲間や上司に葬儀の詳細を伝えます。会社からの参列者が多い場合は、会社から、葬儀の受付係りなど、応援をお願いすることもできます。

ご遺族の職場への連絡は、上司と忌引き休暇を管理している、総務課などに葬儀の詳細を知らせます。

家族葬での連絡

また家族葬でおこなう場合には、連絡の際にその旨をきちんと伝えます。なお、家族葬という説明だけでは、参列してよいものか、香典を出してよいものか判断出来かねます。会葬と香典を辞退される場合は、その旨をきちんと伝えましょう。

葬儀の連絡はFAXにしよう

葬儀の連絡では、故人の名前、通夜の日時、葬儀・告別式の日時、喪主の名前、斎場名と住所・電話、斎場の地図、葬儀社の連絡先などを伝えます。

香典を辞退する場合には、連絡時に必ず申し添えましょう。
連絡方法は、電話、FAXが一般的ですが、FAXは、相手が記録する手間がなく今では主流になっています。