日本の温泉の歴史(古代・中世)と温泉神社

いわき湯本温泉, 別府温泉, 塩原温泉, 有馬温泉, 温泉おもしろ話, 玉造温泉, 道後温泉, 那須温泉, 鳴子温泉

日本の温泉の歴史は古い。「伊予国風土記」に、少名彦那大神が湯を浴びて蘇生したという故事にふれて、温泉の霊妙な効用を「病を癒やし、身を保つ薬」であるとして讃えている。
日本の温泉の歴史、風土記
日本各地で、温泉の感心は高く、古くから書物の記録に残されている。

「日本書紀」には、地震によって湯が出なくなったという記述があり、「豊後国風土記」によれば、逆に、山の崩落によって温泉が湧出するようなこともあった。

温泉が湧出する土地には、その治病は保養のために人が集まり、天皇の行幸、皇族の行啓、また貴族達の湯浴みの記録も数多くある。

「摂津国風土記」には、天皇や皇族の行幸や行啓の際に「行宮(かりのみや)」を作らせて、長期間の湯浴みをなさったという記録もある。
やんごとなき筋から下々に至るまで、温泉は昔から日本人の楽しみの一つであった。

少名彦那(すくなひこな)大神は、大穴牟遅(おおなむち)大神と共に、医薬の祖神とされているが、この両神を祭り神社が温泉地には多く見受けられるのも、温泉の薬効のおかげであろう。

両神を祭る神社のある温泉地の例として、次のような温泉がある。

 ・宮城県の鳴子温泉、
 ・福島県のいわき湯本温泉、
 ・栃木県の塩原温泉・那須温泉、
 ・兵庫県の有馬温泉、
 ・島根県の玉造温泉、
 ・愛媛県の道後温泉、
 ・大分県の別府温泉、

その他多数の温泉地に、温泉神社がある。

「伊豆国風土記」には、人々が若くして死んでいくのを哀れんだ両神が「医薬と湯泉の術」を定めたとあり、少名彦那(すくなひこな)大神と大穴牟遅(おおなむち)大神は温泉療法の創始神と申し上げてよい。

温泉好きを自認するならば、各地の温泉を尋ねるたびに温泉神社があれば必ず参拝して、少名彦那大神と大穴牟遅大神にご挨拶するのがよろしかろう。

温泉神社の名は、平安前期の「延喜式」(えんぎしき)神名帳にも記載があり、古くから日本人が温泉を礼拝していたことがうかがえる。

日本列島の大地からわき出る温泉は、日本人の心と体を癒やし続けてきたのである。