葬儀のお悔やみのマナー

お悔やみの言葉や遺族に対するマナー

葬儀通夜のマナーと香典の相場

葬儀の受付には、葬儀会社のスタッフが受付をしていることもあります。
しかし大抵の場合は、手伝いを依頼された、近隣住民や会社関係の方が多いようです。

故人の親族でないと、挨拶をしなくて良いか、というとそうではありません。
受付で香典を渡す際には、「この度は、ご愁傷様でございます」とお悔やみの言葉を述べるようにします。

また、親しい遺族を見つけたからといって、走り寄ったり遠くから呼ぶことはマナーに反しますから、気をつけましょう。
特に気をつけることは、故人の死因や病気に関してのことです。

根掘り葉掘り聞くのは、失礼にあたりますし、誰でも聞かれたくない事はありますでしょう。
この場合は「本当に残念ですね」「お力落としのないように」などといった内容で良いでしょう。

あくまでも、静かに心を込めて、お悔やみを述べるようにします。

忌み言葉には注意しよう

お悔やみの際のマナーとして、忌み言葉といって、使うことを避けなくてはいけない言葉があります。

「たびたび」「かさねがさね」「くり返す」「重ねる」「続ける」「またまた」など不幸が重なることを嫌う言葉です。

さらに、成仏をさまたげる言葉として「迷う」「浮かばれない」なども使わないように気をつけましょう。
葬儀の時は、長々と話し込むことがないようにしましょう。

お悔やみを述べることができそうにない時には、軽く黙礼のみでも失礼にはあたりません。
遺族の気持ちを十分に察してあげることがマナーの一つです。