葬儀の礼服マナー

葬儀通夜のマナーと香典の相場

葬儀には、礼服を着ていくのがマナーとして認識されています。
いざという時にあわてなくて良いように、一着は持っておきたいものですね。

しかし、夏の暑い日の葬儀に、冬用の礼服を着ていくわけにはいきません。
オールシーズン対応の素材であれば良いですが、現在は夏用・冬用の礼服を用意されている方も多いです。

夏用の礼服は5月から9月頃まで、他の時期の葬儀は冬用の礼服で良いでしょう。

葬儀での女性の服装マナー

女性は、パンツスタイルでも、マナーに反になるわけではありませんが、スカートのほうが格が高いとされています。

しかし、肌を見せすぎたり、透ける素材、スリットが深く入ったものは避けたほうが良いでしょう。
ストッキングは黒色にするのを忘れないようにして下さい。

礼服のチェックをしよう

礼服は普段、着るものではないので、タンスに入っていることが多いですよね。
いざ、葬儀で着ようとしたら、体型に合わなくなっている事も、あるかもしれません。

1年に一度は、袖を通してチェックするのがいいですね。
また、年齢にあった服装かどうかもチェックする必要があります。

葬儀の服装での装飾品マナー

アクセサリー類は、パールが一般的です。他に黒珊瑚やオニキスも良いとされています。
ネックレスは、一連のものを用いるようにします。

蓮が長すぎるのは、華やかな印象を与えてしまいますので、避けるようにします。
マナーとして、光沢がある素材のバッグや靴などは、用いないようにするのがよいです。

礼服と同じく、普段は履かないように管理しておくといいですね。